本文へスキップ

八幡西区尾関医院 痛くない胃カメラ・内視鏡の専門医 日本消化器学会専門医 産業医 中期または進行した肝臓がん・その他がんの治療

Tel.093-693-0712

がんの特殊治療についてABOUT CANCER of the liver

(治療)
当院でのみの特異な治療法は肝臓がん、胃がん、大腸がん等の進行がんで苦しまれている患者さんに対し、当院の方法は抗がん剤を使わずに生存期間の延長をはかる医療です。

1.肝臓がん
肝臓がんの一般の治療法は   

 @肝切除[外科治療]
 Aカテーテルを用いた抗がん剤療法
   [肝動脈塞栓化学療法](TACE)
 B焼灼術を用いる[経皮的ラジオ波焼灼術](RFA)

の3方法があります。

現在 いずれの方法もほとんど再発を起こしています。
また、状態によっては施行できない事もあります。 

当院ではこれらの治療を受けても再発を繰り返す症例に当院の方法を加え、
再発を抑え抑制し、お元気で長期生存されている方がおられます。

2. 胃がん、大腸がん

これらのがん治療の一般療法は

 @早期がんは胃又は大腸の内視鏡的手術
    (内視鏡的粘膜切除術と内視鏡的粘膜下剥離術)
 A進行がんは胃及び大腸の外科手術
 B手術できない場合は抗がん剤投与

がありますが、ほとんどの患者さんは @又はAの治療を受けています。
その後の再発に対する治療で再度手術を行うのは厳しい状態であり、抗がん剤のみの治療になりますが、その毒性でやせや腹痛、下痢、貧血等の症状が起こります。

当院ではそれに対し、抗がん剤を使わない方法で治療します。
胃がんの胃切除後、残胃にがんが残り、その後8年経つ現在も御元気で暮らしている方がおられます。

基本情報

尾関胃腸・内科医院
診療時間
2017年9月より診療時間が変更になりました。
午前:8時30分〜12時
木・土は12時30分まで
午後:14時〜18時30分
月曜日は18時まで
http://www.ozekinaika.com/